ウィリアム ヒル スポーツ

文字サイズ
標準
拡大

世界自然エネルギー100%プラットフォーム COP28 宣言

当研究所は、によるCOP28宣言「効果的な気候危機緩和のために:世界はボトムアップによる100%再生可能エネルギーへの転換を早急に必要としている」に賛同いたします。


効果的な気候危機緩和のために:

世界はボトムアップによる100%再生可能エネルギーへの転換を早急に必要としている

国連気候野心サミットで、気候リーダーたちは、気候危機の原因は主に世界の化石燃料への依存によるものだと強調しました。気候危機の影響は世界中で拡大し、もっとも気候変動への寄与の低い地域に不均衡に影響を与えています。人々と自然に有害な化石燃料を使った経済から、地球の健康と社会に利益をもたらす100%クリーンな再生可能エネルギーに公正かつ完全に移行することは、現在のきわめて喫緊の課題です。

風力、太陽光などの持続可能な再生可能エネルギーによって完全に供給される世界は、環境的にも社会的にも望ましいだけでなく、すでに技術的にも経済的にも実現可能です。クリーンな再生可能エネルギーのポテンシャルは非常に大きく、現在の世界のエネルギー需要や将来の需要をはるかに上回っています。必要な技術はすでに利用可能であり、補助金なしでもより安価であり、安全であり、地域社会をエンパワーする分散型システムに適しています。原子力や二酸化炭素回収貯留などの技術は必要ありませんし、固体バイオマスの大規模な拡大も必要ありません。

100%再生可能エネルギーの世界は、より多くの便益、正義、参加機会を提供するポテンシャルを持ちます。再生可能エネルギーは普遍的に利用可能であり、独占されるべきではありません。再生可能エネルギーはどこでも豊富にアクセスでき、すべての人々のものでもあります。

そのため、世界的に100%再生可能エネルギーが新しい常識となるべきです。

世界自然エネルギー100%プラットフォームは、政策立案者、意思決定者、すべてのレベルの政府、都市や地域、ビジネス、産業、市民など、すべてのステークホルダーに対し、効率的で公正、民主的で包括的かつ公平な方法で100%再生可能エネルギーへの移行を加速するよう呼びかけます。

  • 100%再生可能エネルギーシステムへの移行は、化石燃料と原子力エネルギーの公正かつ公平な段階的廃止と、強力なエネルギー効率と十分な対策と並行しておこなわれる必要があります。
  • 100%再生可能エネルギーシステムは、民主的で包括的かつ参加型の方法で、地球上の多くの人々の需要を満たすために、ボトムアップで構築される必要があります。
  • 100%再生可能エネルギー経済はすべての国にとって有益ですが、国連事務総長の要求に応じて、豊かな国々は他の国々よりも速く、早期に排出量ゼロを達成する義務があります。具体的には再生可能エネルギーの迅速な拡大を加速し、開発途上国に対して大幅な財政支援を提供する必要があります。
  • 2030年までに再生可能エネルギー電力の設備容量を2022年比で3倍にするという、数多くの組織、政府、産業界の呼びかけを歓迎しますが、この目標を達成するために必要な導入率は、2030年以降も維持される必要があり、理想的には、できるだけ早く100%再生可能エネルギーへの軌道を維持するために、さらに強化される必要があります。この移行は電力だけでなく、エネルギーの生産と消費も含むすべてのセクターでおこなわれる必要があります。
  • 私たちは、国が市民社会やその他のステークホルダーと協力して参加型アプローチを開発し、少なくとも年間1.5TWの持続可能な再生可能エネルギーの導入と合致する公正かつ公平な国内の再生可能エネルギー目標を設定することを支持します。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)などの国際機関や政府に、国内および自治体レベルで100%再生可能エネルギーへの移行を開発・支援するよう促します。そうした導入の道筋が、政策立案のための指針として機能することを目指しています。
  • 国際的な取り組みは重要ですが、国内レベルでの実施は独立して、透明かつ科学的にモニタリングされる必要があります。新たな再生可能エネルギー目標は、市民や地域のステークホルダーの包括的かつ透明な参加を通じて、国内、広域、地域レベルで翻訳される必要があります。再生可能エネルギーに関しては、地域分散型ソリューションが気候とエネルギーの解決策の基本となります。自治体および広域(サブナショナル)政府はこの点で重要な役割を果たし、行動する権限を持つ必要があります。
  • そのため、私たちは世界中の市民やコミュニティに、再生可能エネルギーの将来の膨大な便益を生かし、エネルギー供給を自らの手で取り組むことを奨励します。政府はそのような取り組みを支援すべきです。
  • 再生可能エネルギーは、気候危機に対処するカギであるだけでなく、クリーンな電力への普遍的なアクセスを提供し、有害な大気汚染物質を削減し、雇用を創出し、エネルギーシステムをより弾力的で民主的なものにしながら、私たちのエネルギーシステムに対するコントロールを取り戻す上で、重要な役割を果たします。

この宣言に賛同する団体・機関

  • 350.org
  • AbibiNsroma Foundation
  • Climate Action Network
  • CAN Japan
  • CAN Zambia
  • Center for Renewable Energy and Sustainable Technology (CREST)
  • CORE Renewable Energy Inc.
  • EKOenergy ecolabel
  • Energy Watch Group
  • EREF – European Renewable Energies Federation
  • FECOFUN
  • Fridays For Future International
  • Fridays for future Map
  • GeneralWind GmbH
  • ICLEI – Local Governments for Sustainability
  • International Solar Energy Society
  • International Windship Association
  • ISEP – Institute for Sustainable Energy Policies
  • Jeunes Volontaires pour l’Environnement
  • Muombo climate change response organisation
  • Parents for Future
  • Renewables First
  • Runder Tisch Erneuerbare Energien (Round Table of Renewable Energies)
  • The Climate Center
  • Uganda Coalition for Sustainable Development
  • Ukrainian Wind Energy Association
  • Windplus Private Limited
  • World Wind Energy Association

Original: The Global 100% Renewable Energy Platform “ As Soon As Possible Built from Bottom-Up” December 4, 2023, ISEPによる翻訳.