ウィリアム ヒル スポーツ

文字サイズ
標準
拡大

Mainvisual_CPLab

コミュニティパワー・ラボは、地域エネルギー革命の実現へ向けて、供給側・需要側双方を対象とした地域電力会社や地域エネルギー会社を創り、拡げ、協働するために、知識や仕組みを生み、共有し、変革を加速します。政策と制度、学びと創造、繋がりと協働をキーワードとして、地域エネルギー事業の実践者・研究者・自治体関係者など多くの主体とともに、新たな仕組みやビジネスモデルを作り出し、現実の変革に貢献します。

*このコミュニティパワー・ラボは「ドコモ市民活動団体への助成金」の助成を受けて開催しています。

第6回 コミュニティパワー・ラボ(2014年度)

コミュニティパワー・ラボは、地域エネルギー革命の実現へ向けて、供給側・需要側双方を対象とした地域電力会社や地域エネルギー会社を創り、拡げ、協働するために、知識や仕組みを生み、共有し、変革を加速します。政策と制度、学びと創造、繋がりと協働をキーワードとして、地域エネルギー事業の実践者・研究者・自治体関係者など多くの主体とともに、新たな仕組みやビジネスモデルを作り出し、現実の変革に貢献します。

2014年度 第6回コミュニティパワー・ラボ

日付:2014年12月17日(水)
場所:Galleria商.Tokyo

プログラム:
第一部:コミュニティパワー活性化のための社会モデル立上げ
1)「ご当地エネルギー証書」の検討 資料1
松原弘直(ISEP 主席研究員)

ディスカッション1

2)共有知識ベースの構築 資料1
松原弘直(ISEP 主席研究員)

ディスカッション2

事務局

環境エネルギー政策研究所 主任研究員 山下
お問い合わせはこちら(問い合わせフォームへ)

※本研究会は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催しています。